こんにちは!

今日こそは卒制のデザインを終わらせてコーディングに向かおうと思っていたけれども終わらなくてYouTubeに逃げたYouZinです😊←

現在、個人経営のサロンのWebサイト作成しています。

今週、学校の先生にデザインを見ていただいたんですが、カットなどのメニューページが「シンプルに見せてデザインを意識はしているだろうけど、手を抜いているように見える」と言われました。

それは…薄々気づいていた…(泣)

余計な装飾を省き、余白を目立たせた最近風なデザインに仕上げたかったんですが、ただシンプルにしただけでなんの個性もないのっぺりとした(?)ページになってしまいました。

そこが「手を抜いている」風に見えたんでしょうか…

実際、そこまで凝ってはいなかったので見抜かれた感じではある…(否めない)

なので今日はそのページをブラッシュアップしようと思って時間をかけていました。

*

でも、何回もいろんなパターンで修正し直してもなんかダサい…

Webデザイン参考集サイトを見て、サロンデザインの傾向を見たりと色々調べつつしてたんですが。

何がダメなのか…

野暮ったいデザインを直すべく、ブラッシュアップのポイントを書いたサイトを探しました。

そこで参考にしたサイトがコレ↓

http://creator.dwango.co.jp/11980.html

多分、基本中の基本を書いてあるんでしょうが、見ていてあーってなりました。

まず、Noto Serif JPとNoto Sans JPのフォントを使用していて、サイト自体はリッチテイストで男性向けのデザインを意識してたんですが、この2つのフォントの使用ポイントがどのページも全体の統一感を欠いていたんだと気づきました。

違うフォントを組み合わせるのがこんなに難しいとは…

2つ目に気づいたのが、カーニング(文字間隔の調整)ちゃんとしてなかった(笑)

カーニングをどれだけするかで、文字の印象・全体の印象って大分変わるな〜(´・ω・`)って思いました。

3つ目は文字が無駄にでかすぎる。

参考サイトの文字の大きさをデベロッパーツールで調べて合わせてたんですが、なぜか2倍くらいになってました。そりゃダサいわな…(´・ω・`)

4つ目、メニュー(センテンス)と写真の配置の仕方。メニューの間にイメージ画像をうまい具合に配置したかったんですが、野暮ったくなる。

なので以下のサロンさんのサイトを参考にさせていただきました ↓

【ORIGAMI】http://origami-hair.jp/menu/

シンプルかつおしゃれ。素敵だな〜(´・ω・`)

*
*

そして、作業していましたが、結局余白の間隔とか整理仕切れなくて(スマフォバージョンもしないと…)終わりまてんでした😊

明日も頑張リマス…

今日はここまで!読んでいただきありがとうございます😊

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください